経営相談

経営相談

県内中小企業等の様々な相談に対応するため、専任スタッフやコーディネーター等を配置し、指導・助言を行うとともに、セミナー等の開催による啓発、また、高度な相談については専門家派遣を行い、経営相談の解決を図ります。

中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業(よろず支援拠点)

よろず支援拠点とは、経済産業省・中小企業庁が全国に設置する経営相談所です。熊本県では当財団が実施機関として国から受託し運営しています。当拠点では、各分野の専門家をコーディネーターとして22名配置し、中小企業・小規模事業者等の売上拡大・経営改善など、経営上のあらゆる悩みの相談に対応しています。
詳細はこちら https://yorozu-kmt.jp/

18名のコーディネーター

相談風景

お問い合わせ

よろず支援拠点推進室

096-286-3355

096-286-3361

専門家派遣事業

県内ものづくり中小企業へ経営・技術・情報等の専門知識と経験を有する専門家を派遣します。
【1回あたりの派遣費用:謝金30,555円+旅費】
※派遣費用の2/3を財団が負担します。但し派遣回数が6回以上になると1/2になります。

詳細はこちら https://www.kmt-ti.or.jp/archives/4863

お問い合わせ
事業革新支援室

096-289-2438

096-289-2457

soudan@kmt-ti.or.jp

地域活性化中核人材育成事業

当事業では、食料品製造業の企業に対して、商品開発や販路拡大など事業拡大等の取組に専門家を派遣したり、食料品小売業・宿泊業・建設業・物流関連産業の企業が行う、雇用環境整備、人材育成、財務処理の見直しなどの取組に専門家を派遣し企業課題の解決をサポートします。

詳細はこちら https://www.kmt-ti.or.jp/archives/442

社員研修実施。従業員全員で課題を抽出し対策を立案した。

新商品開発、パッケージデザイン作成、販路開拓を支援。

お問い合わせ

よろず支援拠点推進室

096-286-3355

096-286-3361

中小企業等外国出願支援事業

海外市場へのビジネス展開を進めるためには円滑な営業展開策、模倣被害対策として、 進出先の国において、特許権や意匠権または商標権等の権利を取得することが重要です。
くまもと産業支援財団は、特許庁が進める中小企業等外国出願支援事業の補助事業者として、県内の中小企業、団体等の外国出願に要する費用の1/2を助成します。

補助率:1/2(千円未満切捨て)

上限額 1企業に対する上限額:300万円(複数案件の場合)
案件ごとの上限額 ・特許150万円
・実用新案・意匠・商標60万円
・冒認対策商標(※)30万円
(※)冒認対策商標:第三者による抜け駆け出願(冒認出願)の対策を目的とした商標出願
公募期間 例年5月~6月(公募開始時に新着情報に掲示)

※内容は令和元年度の場合、年度により変更の可能性有

お問い合わせ

産学連携推進室

096-286-3300

096-286-3929

sangaku@kmt-ti.or.jp